1. ホーム
  2. 特設ページ
  3. 週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたり...
週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~
  • Twitter
  • Facebook
  • Line

ニュース

  • 「週に一度クラスメイトを買う話4 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~」4/19発売!
  • 「週に一度クラスメイトを買う話3 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~」12/20発売!
  • 「週に一度クラスメイトを買う話」特別書下ろしSS公開中!
  • 「週に一度クラスメイトを買う話2 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~」6/20発売!
  • 「週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~」試し読みを公開しました。
  • 「週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~」特設サイトを公開しました。

pv



宮城志緒理役 Lynn 仙台葉月役 市ノ瀬加那

フェア&キャンペーン情報



書き下ろしSS



コミック情報


秋田書店ヤンチャンWebにて2024年6月連載開始予定! 人気漫画家・右腹がコミカライズ!

推薦コメント

『週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~』 コメント
『週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~』レビュー

ストーリー

『週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~』あらすじ

キャラクター

『週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~』

特典情報

4巻発売記念フェア


メロンブックスさま「週に一度クラスメイトを買う話」SS特典復刻フェア 1~3巻発売時に付属した特典リーフレットを再配布!

「週に一度クラスメイトを買う話」有償特典復刻フェア 2巻・3巻時に発売した有償特典が復刻! 特別なセットでお届けです!
2巻限定版購入はこちら
3巻限定版購入はこちら
2巻超限定版購入はこちら
3巻超限定版購入はこちら
「週に一度クラスメイトを買う話」有償特典復刻フェア  受注締切 2024年5月7日(火)9:00※完全受注生産となります。店舗での販売はございません。

ゲーマーズさま「週に一度クラスメイトを買う話」4巻発売記念フェア 1〜4巻の中から2冊購入で4Pブックレット配布!

4巻特典情報


「週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~」 4巻特典情報

メロンブックスさま有償特典





ゲーマーズさま有償特典




『週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~』試し読み



シリーズ一覧

週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~

週に一度クラスメイトを買う話 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~

気まぐれな女子高生の日常は、少しずつ変化していく。

 彼女――宮城は変だ。週に一回五千円で、私に命令する権利を買う。一緒にゲームしたり、お菓子を食べさせたり、気分次第で危ない命令も時々。秘密を共有し始めてもう半年経つけれど、彼女は「私たちは友達じゃない」なんて言う。ねぇ宮城、これが友情でないのなら、私たちはどういう関係なの?

 あの人――仙台さんでなければいけない理由は、今も別にない。私のふとした思い付きに彼女が乗った、ただそれだけ。だから私は、どんな命令も拒まない彼女を今日も試す。……次の春、もし別のクラスになったとしても彼女はこの関係を続けてくれるだろうか。今は、それがちょっとだけ気がかりだ。

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス
週に一度クラスメイトを買う話2 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~

週に一度クラスメイトを買う話2 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~

淡くもつれた関係は、高校最後の夏を前に揺れ動く――。

 長い休みは憂鬱だ。一人でいることには慣れているけど、一人でいることが好きなわけじゃない。高校最後の夏休みは、みんな忙しい。仙台さんとだって、会うのは”放課後”だけというルールだ。なのに彼女は『家庭教師になってあげる』なんて提案してきて。……キスしたこと、気にしてるのは私だけなの?

 つまらない。面白くない。キスしても何も変わらない宮城に、もうすぐ来る長い休みに、そう思う。だから、宮城に提案した。『休み中も宮城に会いたい』そう思っているのかは自分でもわからないし、距離を置くべきなのはわかっている。……でも、本当は彼女から返事が来ることを、私はたぶん期待している。

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス
週に一度クラスメイトを買う話3 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~

週に一度クラスメイトを買う話3 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~

曖昧になるルールと踏み込めない距離。この関係の行く先は――?

 夏休みが終われば、全て元通りになると思っていた。曖昧になったルールも、仙台さんとの距離も。なのに、彼女だけが未だに変で、「同じ大学受けたら?」なんて言いだす始末。そんなことを言われても、卒業後も一緒にいる理由はないし、彼女の将来に興味はない。そう、全く、少しも、私は興味ないのだ。
 
 夏休みが終われば、進路の話になるのは自然なことだ。例えば宮城に、私と同じ大学への進学を提案してみたり。もちろん、宮城がそんな未来を考えていないことは知っている。それでももし、彼女が私と一緒の未来を少しでも考えてくれたら――そんなことを期待する私はやっぱりずるいのかもしれない。

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス
週に一度クラスメイトを買う話4 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~

週に一度クラスメイトを買う話4 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~

巡る春に、迫る期限。二人が選ぶ未来とは――?

 春になったら、この関係は終わりだ。でも、今はまだ簡単に会えるし、会う理由も作れる――たとえ冬休みであっても。仙台さんに会いたいと思うことも、触れたいと思うことも、全部ルールを最初に破った彼女のせいだから。だから責任をとってもらわないと困るのに……仙台さんはまだ何も言ってこない。

 春になったら、この関係は終わりだ。たとえ近くの大学に進もうと、今と全く同じではなくなる。それでもこの先の未来で、隣に宮城がいてほしい。今そう願ってしまうことは契約違反だろうか? その問いの答えを、私は彼女の口から聞きたいと思ってしまっている。「――宮城は私に会いたくない?」

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス

メニューを開く
メニューを閉じる