1. ホーム
  2. 書籍情報
  3. 不登校の幼馴染が学校に行く条件は、毎...
  4. 不登校の幼馴染が学校に行く条件は、毎...

不登校の幼馴染が学校に行く条件は、毎日俺とキスすることだった

不登校の幼馴染が学校に行く条件は、毎日俺とキスすることだった
発売日
定価
748円(本体680円+税)
サイズ
文庫判
ISBN
9784040743288

「私のこと好きにしていいよ」 これは、キスから始まる背徳ラブコメディ

 高二の宏樹の日課は不登校の幼馴染ユキの家に毎日通うこと。何度呼びかけても部屋から出てこない彼女に宏樹は最後の手段を使う――。

「何か俺にできることない? 何でもするから」
「……それなら、毎日私とキスして。そしたら学校に行く」

 彼女の真意が分からぬまま、ユキの部屋で、屋上で、放課後の教室で。誰にも見つからないように何度もキスをした。

「初めてだから……上手くできないかも」
「下手くそなキスでごめんね、もっと上手くなるから」
「……続き、していい?」

 俺たちは付き合ってない。なのに、どうして俺とキスするの? キミの本当の望みは? これはキスから始まるラブコメディ。 

購入はこちらから

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • e-hon
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • HonyaClub
  • 楽天ブックス

「不登校の幼馴染が学校に行く条件は、毎日俺とキスすることだった」シリーズ

  • 不登校の幼馴染が学校に行く条件は、毎日俺とキスすることだった