1. ホーム
  2. 特設ページ
  3. 金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼...
金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで
  • Twitter
  • Facebook
  • Line

ニュース

  • 「金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで3」5/17発売!
  • 「金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで2」9/20発売!
  • 「金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで」試し読みを公開しました。
  • 「金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで」特設サイトを公開しました。

コミカライズ



推薦コメント


『金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで』推薦コメント

ストーリー

『金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで』あらすじ

ニュース

『金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで』試し読み

キャラクター


勉強も得意ではなく、これといった特別な才能も持たない平凡な高校生だったが、金属スライムを倒し続けたことで知らないうちに……


悠真をよくからかっている幼馴染の少女。ダンジョンに潜って活躍する《救世主》になることを目標に《探索者》の養成機関に入学する


悠真の家の庭で飼われている豆柴。金属スライムを見つけると、吠えて教えてくれる。庭にできた極小ダンジョンもマメゾウが見つけた


通常は子供でも倒せる最弱モンスター『スライム』ではあるが、鋼鉄のような硬さを誇る。世界中の誰も倒したことがない激レアスライム


悠真がなんとか就職できた零細ダンジョン企業で、事務や探索のバックアップをこなしている女性。親で社長の鋼太郎と違って常識的


採用面接で「大金を稼ぎたい」と言った悠真を雇い入れた、零細ダンジョン企業の社長。ダンジョン出現初期から《探索者》をしてきた


鋼太郎が社長を務めている企業『D-マイナー』で《探索者》として働いている、悠真の先輩。見た目に反して、動きはなかなかキレる


ダンジョン研究にすべてを捧げる、女性科学者。悠真の怪物的な能力を知り、彼を利用してダンジョンの深層を探索しようとする




シリーズ一覧

金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで ~家の庭で極小ダンジョンを見つけました~

金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで ~家の庭で極小ダンジョンを見つけました~

なぜか庭に湧く激レアスライム退治してたら、知らないうちに世界最強!?

【カクヨム《現代ファンタジー》年間ランキング 堂々の第1位】

ある日、家の庭にポッカリと開いた大きな穴。そこには、メタリックなボディでプルプルと震える、謎のスライムがいた。
冴えない高校生・三鷹悠真は、なぜか毎朝その穴に湧く『金属スライム』を退治する日々を送ることになるが……そんな毎日を繰り返すうちに、悠真の身体は驚愕の進化を遂げていた!!
「でも、この能力……誰かにバレたらまずいヤツだよな……」
手に入れた規格外な力を発動すると“怪物”のような風貌になってしまうため、その能力は絶対に秘密。しかし、特異すぎる悠真の存在が、世界中を震撼させるのも時間の問題で――!?
ありふれた日常から始まる、前代未聞の無双ファンタジー!

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス
金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで2 ~金スラしか出ない極小ダンジョンの攻略者~

金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで2 ~金スラしか出ない極小ダンジョンの攻略者~

最強なのは、絶対に秘密。

なぜか家の庭に湧く『金属スライム』を退治し続けたことで手にした怪物的な力を周囲に示すこともないまま、せっかく入学できた探索者育成機関を退所処分になった青年・三鷹悠真。
それでもなお探索者の道を諦めきれない悠真は、ダンジョン企業に就職して、一流探索者を目指そうと決意するのだが――
「なぜだ!? なぜ落ちまくる? 就活、厳しすぎるだろ……」
唯一の内定をもらえたのは、超零細ダンジョン企業『D-マイナー』。そこで悠真は探索者としての一歩を踏み出すが――
「くそ! 本当の力が出せれば、こんな敵イチコロなのに!!」
実は最強な新米探索者の力が発揮される日はくるのか……!?

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス
金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで3 ~仄暗き迷宮の支配者~

金属スライムを倒しまくった俺が【黒鋼の王】と呼ばれるまで3 ~仄暗き迷宮の支配者~

最強なのは、絶対に秘密……のハズでした(バレました)。

誰にも気づかれずに退治しまくった『金属スライム』由来の規格外な力で、衝撃的な探索者デビューを果たした三鷹悠真。
入社したダンジョン企業の社長に連れられ、悠真が向かったのは……マッドサイエンティスト・アイシャの研究所。ずっと秘密にしてきた悠真の能力が、ついに彼女にバレてしまい――
「君は本当にとんでもない逸材だよ、悠真くん!!」「……え」
悠真の怪物的な戦闘力を巧みに利用しながら“黒のダンジョン”の最深部へと探索を進めていくアイシャ一行だったが――
「悠真くんは……私の想像を遥かに超えた存在だったんだね」
彼女の暴走(研究)によって、悠真は新たな覚醒を遂げる!

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス

メニューを開く
メニューを閉じる