1. ホーム
  2. 特設ページ
  3. 妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国...
妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。
  • Twitter
  • Facebook
  • Line

ニュース

  • 「妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。5」3/19発売!
  • 「妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。4」10/20発売!
  • 「妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。3」5/19発売!
  • 「妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。2」1/20発売!
  • 「妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。」試し読みを公開しました。
  • 「妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。」特設サイトを公開しました。

キャラクター
『妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。』キャラクター

ストーリー
『妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。』ストーリー
『妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。』試し読みはこちらをクリック

シリーズ一覧

妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。

妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。

女騎士の妹の世話をしてたら、なんか女王とかに見初められてた

 妹が入学したのは女子のみが通う騎士養成学園。王国最高と名高い学園でも優秀な妹は縦横無尽の活躍を見せていて――

「兄さんがわたしなんかよりずっと強いこと伝えてきました!」

 いや、ぼくはただの庶民だけど……?(※嘘です。兄さんはヤバい強さです。無自覚なだけです)
 そのせいで学園の女騎士がぼくの前に来たので一応模擬戦したり(※学園最強の女騎士が一瞬で実力差を分からせられました)
 運動後のケアをしたり(※兄さんのマッサージは女騎士大喜びで貴族でも評判に!)
 普通にしてるだけで、ぼくは王女の目に止まり――え、何故?

 自称庶民による無自覚女騎士ハーレム×成り上がり!

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス
妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。2

妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。2

出世したら妹と女騎士と女王がついてきた、なんかメイドもいた

 妹と協力して(※まぁ兄さんがほぼ一人で終わらせましたが)女王を救った英雄(?)になったぼく。しかしその報償でもらった領地が占領されたと言われ、仕方なく解放しに向かうと――
「ご主人様検定、合格……!これからご主人様にお仕えする」
 ぼくのことをご主人様だと呼ぶメイドがそこで待っていた。(※このメイド、幼女のくせして胸がデカい)さらに女騎士のユズリハさん、女王となったトーコさんまで何故かついてきて彼女たちに囲まれながらぼくの貴族人生(?)が幕を上げる。(※ちなみに占領軍は当然のように兄さんが蹴散らしました)
 自称庶民による無自覚女騎士ハーレム×成り上がり、第二弾!

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス
妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。3

妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。3

妹や女騎士といろんな国を巡ったら、なんか大陸を救ってた(?)

 辺境伯領での戦いに無事に勝利したぼく。ただ戦いの後にもうにゅ子(※宿敵の吸血鬼が何故か銀髪幼女になりました)が残ってしまった。
 彼女の正体を知るため、ぼくは諸外国を巡ることになり――
「ならば相棒も一緒に行かねば仕方あるまい!」
「もちろんわたしもご一緒します、兄さん!」「うにゅー!」
 ……そんなこんなでぼくは妹たちと旅に出た。道中で無数の
 メイドたちと出会ったり(※ご主人様として認められたらしい)ユズリハさんの里帰りに付き合ったり(※ついでに混浴温泉で兄さんを誘惑しました)していると、うにゅ子の正体が次第に見えてきて――!?
 無自覚無双×女騎士ハーレム、第三弾!

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス
妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。4

妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。4

東方から来た侍の少女 ……これもある意味『女騎士』?

 大陸を救ったらしい旅から帰ってきたぼくを待っていたのは妹・スズハの退学の危機!?(※理不尽です。あんまりです!)
ぼくについてきたせいで出席日数が足りないスズハのためにも女騎士学園分校を設立。新たに女騎士を募ってみると――
「拙はツバキというのだ。東方の大陸から来た武芸者なのだ」
 異国より妖刀を携えたサムライガール・ツバキがやってきた。
(※これも一応は女騎士なのでしょうか? 胸はデカいですが)
 この国のことをよく知らないツバキのため、彼女の学園生活の補佐するぼく。だけど彼女の抱えていた秘密が波乱を呼ぶ!?
(※ちなみにユズリハさんも当たり前のように新学園にいます)

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス
妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。5

妹が女騎士学園に入学したらなぜか救国の英雄になりました。ぼくが。5

4巻即重版! コミカライズも絶好調なハーレムファンタジー5弾!

 成人の儀式のため実家に帰ったユズリハさん。ぼくは贈り物として最高の食材を用意しようと、ダンジョン探索に挑むことになり(※財宝とかどうでもいいので美味しい魔獣を狙います)
何故かトーコさんとダンジョン近くの温泉街を訪れることに。(※ユズリハさん不在の隙に兄さんと温泉旅行を狙う女王様の恐るべき戦略……!)
 温泉から雪山まで、トーコさんやスズハと共に各地のダンジョンを攻略していくと、その道中で助けたハイエルフ(※もちろん巨乳です)から伝説の『裏ダンジョン』の存在を聴き、ユズリハさんのためにもこれに挑むことになる――あ、でもユズリハさん、後から急いで合流してきちゃった!?

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックス

メニューを開く
メニューを閉じる