1. ホーム
  2. 書籍情報
  3. 俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは...
  4. 俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは...

俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件

俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件
発売日
定価
715円(本体650円+税)
サイズ
文庫判
ISBN
9784040742526

素直になれない二人の、焦れったくも甘々なラブストーリー

 16歳になる年の4月22日に、左手薬指に現れる赤い糸。それは、世界のどこかにいる運命の人に繋がっており、その相手と結ばれれば必ず幸せになれるという。

 真田暁斗の赤い糸が繋がっていたのは、顔を合わせれば喧嘩ばかりのクラスメイト・久遠寺梨蘭。互いに“嫌われている”と思い込む二人の関係は、赤い糸で結ばれても何一つ変わらない……はずだった。
「アンタは一生ッ、私だけを見てればいいのよ!」
 赤い糸の力で、隠していた好意がダダ漏れに!? 実は、これまでの言動は全て照れ隠し! 運命の人になったことで、素直になれない梨蘭の本当の想いを知ることに……。
「…暁斗、暁斗。いつか、名前で呼んでほしいな……」
 不器用な美少女とちょっと鈍感な少年が織りなす、“大好き”が溢れて止まらない、甘くて焦れったい恋の物語。

購入はこちらから

  • カドカワストア
  • BOOK WALKER
  • アニメイト
  • アマゾン
  • e-hon
  • 紀伊国屋書店
  • honto
  • HonyaClub
  • 楽天ブックス

「俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件」シリーズ

  • 俺の『運命の赤い糸』に繋がってたのは、天敵のような女子だった件